美甘麗茶のカフェインについて

カフェイン

美甘麗茶を飲む際、美甘麗茶にはどのくらいのカフェインが入っているの?と気になる女性も多いようです。

 

カフェインは少量であれば利尿作用、脂肪燃焼作用、覚醒作用と良い効果をもたらしますが、大量に摂取すると身体に悪影響を与えてしまいます。

 

特に妊娠中の場合、カルシウムの摂取は必要不可欠ですが、カフェインは尿中のカルシウムの量を増やしてしまいます。

 

つまり、カフェインをとるとカルシウムが不足がちになるので摂取を避けたい成分です。

 

そこで、ここでは美甘麗茶に含まれるカフェイン量をご紹介します。

美甘麗茶のカフェインは「0」!

カフェイン0

美甘麗茶は、カフェインを含まないノンカフェイン飲料です。

 

つまり、妊婦さんや授乳中の方、カフェインを避けている方でも安心して飲めるお茶なんです。

 

普通の紅茶やお茶にはカフェインが含まれているので、妊娠前にたくさん飲んでいた人にとっては大好きなコーヒーや紅茶が好きなように飲めなくなって辛いですよね。

 

ですが美甘麗茶は紅茶のような味わいを楽しみながら、カフェインの影響を全く気にせず飲むことができるので安心して飲むことができます。

 

さらに便秘になりやすい人にとっては整腸作用もあるのでスッキリ効果も期待できます。

 

便秘になるだけでむくみやすく、体重も増えやすいです。毎日すっきりできればそれだけ溜め込みにくい体質になれるので、妊娠中の気になる体重増加にも歯止めを効かせてくれます。

 

妊婦はどのくらいカフェインを摂取してもよい?

カフェイン

カフェインはダメ!と言われている妊婦さんですが、実は全く摂取してはいけない。というわけではありません。

 

1日300mgまでのカフェインは妊娠への影響はないと言われています。1日300mgはインスタントコーヒーで言うと、約4杯。

 

その他、烏龍茶は1杯で30mg、緑茶も1杯で30mgほどです。

 

もともとコーヒー愛飲者が妊娠してから完全に断ち切らなければいけないと思うとストレスになってしまいますが、赤ちゃんに影響を及ぼさない程度なら、1日1杯~2杯程度なら飲んでもOKとされています。

 

逆にストレスを溜めてしまう方が妊婦さんにも赤ちゃんにも悪影響となってしまうかもしれないからです。

 

カフェインとは上手に付き合おう!

大量にカフェインをとると体調を崩してしまいかねませんが、上手に摂取することでリラックス効果をもたらしてくれるカフェイン。

 

夜寝る前に摂取すると寝付けなくなる可能性があるので、日中に飲む、1日に飲む量を決めるなどして上手に付き合っていくようにしましょう。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)口コミと効果を調査!痩せないって本当?